食事や美容やダイエットよりも興味を持つようになってきたこと

ずっと美容やダイエットやお洒落や遊びといったことに頭が占拠されていたような感じでしたが、若さや美しさというのはみんなそれぞれ衰えていくものだと最近はよく考えています。

それよりも、知識、価値のある教養や自分が大好きな友達とした旅行の経験、家族との思い出、恋人との思い出、そんなものが実は掛け替えのない財産ではないかなんて寝る前に考えます。お金や物は他人から奪われてしまうし、命は永遠じゃないから、若さだって消えていくけど、頭に残した知識は他人には奪えない。たくさんの大事な思い出も決して色褪せない。

ずっと心の中にある限り。そう思うと、ああブランドものが欲しいとか、甘いもの食べたいとか買い物したいとかそんな邪念は振り払えるようになってきたし、時間やもっと価値のあるものはなんだろう?とか自分にとって本当に大切なものはなんだろうと考えることも増えてきました。周りに流されず、自分にとってどんな生き方が望ましいのかをもっと早くから考えるようにしとけばよかったなぁ。

コメントする